自毛植毛を考えるページTOP  >  ロゲインとプロペシア

ロゲインとプロペシア

このところ薬によるAGA治療の広告を目にする機会が増えました。医学的に効果の証明されている育毛剤にはロゲインとプロペシアの2種類があり、自毛植毛など他の対策と併用することが可能です。フサフサとまではいきませんが現状維持程度の効果は期待でき、薄毛の初期段階における選択肢としては有力です。

ロゲイン

ロゲインは薄毛に対して広く効果の認められた育毛剤(医薬品)で特に頭頂部の発毛効果には定評があります。主成分のミノキシジルが血管を拡張させ、発毛を促進するものと思われます。誰にでも効果があるわけではありませんが、AGAに対してはかなりの確率で改善が見られます。そのため男性ホルモンを抑制する作用も含んでいるのではないかとする意見もあります。
効果は個人差がありますが大体3〜6ヶ月で現れます。始めは柔らかい髪の毛ですが、次第に強くて太いコシのある毛髪に育っていきます。ただし効果には限界もあって、ある程度でそれ以上の効果は出にくくなります。使用を中断すると脱毛は再び進行します。
日本では大正製薬がリアップ(ミノキシジル1%)として製造販売しています。

プロペシア

プロペシアはAGA治療の内服薬です。有効成分フィナステリドが5α-リダクターゼを抑制し、AGAの原因であるDHTの発生を防ぎます。つまり

テストステロン → 5α-リダクターゼ → DHT

と連なるAGAの方程式、これを途中でブロックして成立させません。中継ぎ投手を打ち崩してしまえば、いかに強力な抑え投手がいても登板機会がないのと同じことです。ただしどちらかというと守備的な薬効(AGA治療)なので、攻(発毛促進)のロゲインと組み合わせるとより効果的でしょう。
プロペシアの日本における販売元は萬有製薬ですが、医療用医薬品であるため購入には病院の医師による処方箋が必要です。