自毛植毛を考えるページTOP  >  自毛植毛と比べた際のメリット・デメリット

4.自毛植毛と比べた際のメリット・デメリット

メリット

自毛植毛は後頭部の毛髪を移動させるため、ドナーを切り取った場所はもう髪が生えてきません。そのため植えられる量に限界があり、後頭部に傷跡が残る場合もあります。また術後は包帯などでの固定が必要なこともあります。

しかしHARG療法は元からある細胞で毛髪再生するわけですから、生きている細胞の分だけ生えてきますし大きな傷が残ることはありません。
またHARG療法の方が1回の施術の時間が短く、施術で体にかかる負担が少ないです。施術後は注射の場合は多少腫れるようですが、次の日には引く程度で包帯などは必要ありません。

デメリット

HARG療法は発毛するまでに数回(3〜6回)治療しなければなりません。自毛植毛は手術を2回程度行う人が多いそうなので、こちらの方が施術の回数が少なくて済むというメリットがあります。

1.HARG療法とは?
2.HARG療法の特徴
3.HARG療法のしくみ
4.自毛植毛と比べたHARG療法のメリット・デメリット
5.HARG療法にかかる料金&治療を受けられる病院
6.HARG療法の実際の症例